沿革

大正初期
はしけ回漕を始める 。
昭和22年5月27日
株式会社永宝商会を設立する。
昭和27年
株式会社上組の要請をうけ、神港1突・3突で沿岸荷役作業を始める。
昭和53年
株式会社上組の要請をうけ、これからのコンテナー時代に向けて、海上コンテナー輸送できるように、一般貨物自動車免許を取得する。
また、船内荷役、沿岸荷役、はしけ運送、陸上輸送、すべての業種において株式会社上組の要請に応えられるよう、大興運輸作業株式会社との合併について協議が始まる。
昭和55年10月
株式会社永宝商会と大興運輸株式会社が対等合併し、中央港運株式会社となる。
昭和61年3月
株式会社山一運輸を吸収合併する。
平成5年3月
大興自動車株式会社を吸収合併し、民間車検工場の経営を始める。
平成20年
向井隆一代表取締役社長(当時)が黄綬褒章受章。
平成24年8月
株式会社上組の要請により、中国天津TBTLへ作業指導者を派遣。
平成30年12月
大阪港内における、はしけ運送事業を強化するため、丸古海運株式会社を買収。
平成31年4月
神戸運輸監理部にて小型船造船業(神小鋼修第11号)の登録を行い、船舶事業部ドックヤードとして営業を開始。